お坊さんが考える婚活マッチングアプリでモテる自己紹介文【男性用】

「マッチングアプリでの婚活がうまくいかない」

「料金払うだけで、全然出会えない・・・」

そんな悩みを抱えている方いらっしゃいませんか?

 

私も婚活を始めたころは、表示される女性を毎日チェックして、

ただ、いいねを押すだけの日々を過ごしていました。

何も考えずに、数打てば当たるのではないか。

そんな思考になってしまっていたら、要注意です!!

 

先日、こんな会話がありました。

結構婚活されているとお聞きしましたが、
マッチングアプリはどのくらいされました!?

2年ぐらいしております!!

長い期間されていらっしゃるのですね!
結果はいかがでした!?

女性の方に、いいね1万回しました!!!!!!!

それは大変でしたね!
で、どのくらい出会えたのですか!?

5,6人で、そこから進展はありませんでした・・・
この方は、2年という長い時間をかけられて、マッチングアプリを頑張られていました。
しかし、数名としか出会えず、特に進展もないというのが現実です。
間違った方向に努力をしていては、時間とお金の浪費にしかなりません。
婚活がうまくいかない、出会えない、モテない・・・
突き詰めると全てに理由があるのです。
今回は、その要因の一つ、マッチングアプリの自己紹介文について考察してみました。

自己紹介文でも、挨拶は大事!!

『挨拶をしましょう!挨拶は大事!!』

小さい頃から、みなさん教えられてきたでしょう。

挨拶(あいさつ)

中世に日本に輸入された漢語で,元来,禅宗において僧が問答を繰返し合う意味,また単に受け答えの意味として使われた。

現在では他人に対して尊敬や親愛の気持を表わす動作,言葉,文面などを意味するようになっている。

出典 : 挨拶の意味(コトバンク)

「こんにちは!」

この一言があるのとないのとでは、随分印象が変わってきます。

 

ただ、実生活での挨拶は、会話の始まりに来ます。

私は現役僧侶の、モテ僧と申します。

あ、こんにちは!!!

会話の始まりに来ていなかったら、不自然ですよね。
しかーし!!!
文章に関しては、二行目以降に挨拶がある方が、読んでもらいやすいのです。

こんにちは!

私は業界の異端児、モテ僧と申します。

念仏を日々称える、生粋の仏教ボーイです。

 

仏教。そう、それは仏の教え。

こんにちは!!
私はこの道〇年目の、モテ僧と申します。

二つの例を出しましたが、どちらの文章の方が読まれやすいと思いますか?

 

アプリによっては、一覧などでは最初の行しか表示されないものもあります。

 

その場合、

上の例の場合、「こんにちは!」しか表示されません。

下の例の場合は、「仏教、そう、それは仏の教え」と表示されます。

 

マッチングアプリでは、まず自分のページをクリックして見てもらうことが第一の関門です。

 

勘の良い方は気付かれたかと思います。

 

挨拶は大事だけれども、一行目の文章がもっと大事であることに。

自己紹介文一行目で差別化をする!

女性の方が、みなさんのプロフィールをじっくり読んで、

その中から候補を選んでいるかといいますと、

ほとんどの方がそうではないでしょう。

 

毎日たくさんのアプローチを受けているので、そこまで目を通す暇がない方が大半です。

どんどんスクロールして、目についた方だけクリックして、プロフィールを読まれているんですね。

 

つまり、導入部分に、差別化した文章を置いておくと、目につきやすいので、

『プロフィールを読んでもらう』という第一のハードルをクリアしやすくなります。

最初の数行に、まずは全力投球して、見えないライバルとの差別化を図りましょう!

 

simple is best!

読んでもらえた後の第二のハードルは、

『プロフィールを読んでもらい、連絡を取ってみたい』と思ってもらうことです。

自分がアピールしたいことを全部出す必要はありません。

 

連絡を取ってみたいと思ってもらうために、必要な文章だけ入れておけばよいのです。

20代女性が恋人に求めるものランキング
  1. 優しい(52.7%)
  2. 顔が好み(39.7%)
  3. 誠実(31.5%)
  4. 経済力がある(25.3%)

出典 :「20代・30代の恋愛・結婚に関するアンケート(2018年版)」

このランキングから考察するに、

「誠実さ」・「安定した職業」のアピールは重要!

ただ、誠実で、安定した職業の人であれば誰でも良いか・・・と言われると、

そうではないかと思われます。

 

これから長い時間を過ごす中で、

『一緒にいて楽しい時間を過ごせること』

は、どなたにも当てはまる条件でしょう。

 

この三つの条件が揃った文章であれば十分です。

余計な文章を減らして、文章のダイエットを心がけましょう!!

 

自己紹介文は、とにかく読みやすい文章を書こう!!

ここまで来ると、文章の構成はある程度出来てきたかと思います。

これからの作業は地味ですが、かなり大事なことなので、ぜひ取り組んでみてください。

 

自分のプロフィールが、スマホとPCから見て、どのように見えているかを確認しましょう。

仏教の伝来は538年と552年の二つの説があるってご存知ですか!?
こんにちは!
私はこの道6年目のモテ僧と申します。
様々な方の一生で大事な場面に出会うことも多く、日々学ぶことばかりです。
時代柄、僧侶も恋人が必要な時代になってきましたが、
立場上、積極的に出会いの場に出ることもできません(笑
趣味は睡眠です。
あ、起きてる時の趣味ですね!でしたら、ランニングです。
よろしくお願いいたします(^^)/

 

仏教の伝来は538年と552年の二つの説があるってご存知ですか!?

こんにちは!

私はこの道6年目のモテ僧と申します。
様々な方の一生で大事な場面に出会うことも多く、

日々学ぶことばかりです。

 

時代柄、僧侶も恋人が必要な時代になってきましたが、

立場上、積極的に出会いの場に出ることもできません(笑)

趣味は睡眠です。あ、起きてる時の趣味ですね!でしたら、ランニングです。

よろしくお願いいたします(^^)/

 

同じ文章なのに、改行を入れるだけで、だいぶ雰囲気変わりますね!

 

実は、この文章にはもう一つのテクニックが入っています。

 

一文の文字数、句読点の数をなるべく少なめにしています。

 

文字数においては、諸説あるようですが、

25字くらいまでが読みやすいとされているそうです。

 

読みやすさを意識して、作った自己紹介文をリライトしてみましょう!!

プロフィールに書いてはいけない文章

コンプレックスは書かないようにしましょう

マイナスの要素をあえてプロフィールに入れる必要はありません。

 

車を持ってません。身長低いです。細身です。バイトしながら夢を追ってます。なかなかモテません。

実家暮らしです。などなど…

 

ありのままの自分は見せなくて良いです。

ダメなところを受け入れてくれるのは、相手がこちらに好意を持ってからです。

全く意識してもされていない状態で、マイナスポイントを告げると、ただのダメな人と思われてしまいますから。

 

直接的な願望も書かないようにしましょう

「付き合ったら甘えたい方です」「癒されたいなぁ」なんて書いている方もいますが、全く知らない人からのその言葉は気持ち悪く思われる可能性が高いです。

好きな人から言われたら嬉しいので、その段階までその言葉は取っておきましょう。

 

また、「マッサージがうまい」「手先が器用」など、下ネタをイメージさせる文章も書かない方が良いです。誠実であることが分かるような文章の方が警戒心を持たれず、マッチングしやすくなります。

 

おすすめアプリ

 

おすすめの記事